2010年08月05日

ビーズ倶楽部 ビーズのおはなし

 松野工業スタッフ日記では、松野工業の商品を紹介させていただくことも多いのですが、大半がマツノホビーの商品ばかりでした。しかしマツノホビーよりも歴史のある松野グラスビーズもこれからはご紹介をさせて頂こうと思います。
 ビーズといえば手芸、クラフト用と思われますが、私どものビーズはほぼ全量が服飾の素材として提供されております。一枚目の写真を見て頂くとあまり大きさは判らないとは思いますが、二枚目の写真を見て頂きますと、穴の径が約1mmとなっているのが判ると思います。
 縫いこさんは(おもにアジア方面での作業になります)針に糸を通して、一粒一粒ビーズを拾っては生地に縫い付け、拾っては縫い付けと作業を続けられます。
           8月5日 001.jpg
           8月5日 002.jpg

 そのため作業時間は膨大になります。でもドレス一着に1sもビーズを縫い付けることはないのですが、それでも数十gあるいは数gまででしょうか。 松野工業 ビーズ倶楽部はそんな縫いこさんの気持ちを判るために活動を始めました… 


      いつも応援ありがとうございます。1日1回押して頂けると嬉しく思います。

       
        人気ブログランキングへ
posted by MATSUNO STAFF at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KEIEIKANRI